PROFILE

公認心理師
小松 千恵様

(株)メンタルサポート研究所 執行取締役
(社)メンタルヘルス協会 上級心理カウンセラー
NPOこころサポート 執行役顧問
医療法人ラ・クォール会ラ・クォール本町クリニックカウンセラー

2000年に心理カウンセリング(インナーチェンジングセラピー)の学びを開始し、小松様自身も心理カウンセリングを受け、家族や職場の人とのコミュニケーションの変化、自分の性格の変化に感激
それ以来、今現在も一人でも多くの人に心理カウンセリングを使いこなしてもらいたく講座や勉強会を開催し、オンラインや対面でのカウンセリング(個人、グループ)や、ワークショップの運営、講演・研修などを行っている
また、動画で「心理カウンセリングのすすめ」や「Are you growing up?」のインタビュー動画も配信中

Are you growing up
https://areyougrowingup.wixsite.com/home

 

 

今回お話を伺ったのは、公認心理師としてご活躍されている、小松千恵様。

 

“ カウンセリングのイメージを変えたいですね ”
小松さんが、インタビューの中で何度も繰り返された言葉。
ここには、長年、現場に向き合ってきたからこその想いが込められていた。

 

「日本ではカウンセリングを受けることに、マイナスの印象を持たれている方が多いと感じています。
カウンセリング=重度の心の病を抱えている方が受けるものというイメージがあるのでしょうね。

ですが、カウンセリングってそんなに大げさなものではないんです。
例えば、夫にとにかく腹が立って、夫への不満や文句を繰り返し言っている方がいたとしますよね。
このような場合、その女性が、その苛立ちや腹立たしさを何度も話し、カウンセラーが否定せずに話しを親身に聴き、たくさん想いのたけを吐き出すことで、だんだんと「あ、私、悲しいんだ・・・」と自分の心の奥底にある「悲しみ」に気づくのです。
そしてその悲しみもカウンセラーに受け入れられ、その悲しみが癒えていくと、先ほどまであった苛立ちは、自然と解消されることがあります。

要は、人は相手に対しての不満を抱きますが、大事なことは自分自身の感情なんです。
ただ一人では、その感情に気が付くことが難しいため、そういう時にこそカウンセラーの力を利用して欲しいと考えています。」

 

カウンセリングの魅力について熱く語ってくださった小松さんに、コロナウイルスの人の心への影響についてたずねてみた。

 

「コロナウイルスの影響を受けて、社会の様式や、家族の在り方が変わりましたよね。
その中で私は周りの方へ、コロナ禍でどうしてますか?ストレス溜まってませんか?大丈夫ですか?と尋ねてみたんです。
そうしたら、意外とみなさんお元気で幸せに過ごしていらっしゃいました。
これはとても嬉しかったのですが、インターネットの記事などを読んでいると虐待やDVが増えたとききます。
これは『人の内面の2極化』が進んだのではないかと思っています。」

 

“幸せだと感じている方”と、“不幸せだと感じている方”の2極化。
この点に関して、もう少し詳しくお聞き出来ないかと尋ねてみた。

 

「私のクライアントさんのほとんどの方は、コロナウイルスで自粛生活の中、自分の時間ができて幸せ、家族と過ごす時間が増えて幸せ、ゆっくり自分のことが考えられる・・・とストレスを感じてないんです。

私はこのような方々を見ていく中で、あることに気が付きました。
それは、これまでいかに『自身の心と向き合う時間をつくってきたか』

自身を見つめて、自身の心と向き合ってきたからこそ、周りの状況が大きく変化しても、心の安定が図れるのだと思います。

また逆に、不安を強く感じたり、人にイライラした感情を抱いている方は、問題を自分の外にあると見ていることで、自分ではコントロールできない(自分以外のもの)ものに振り回されてしまうのだろうと思っています。
私も心理カウンセリングを学ぶ前は、問題は何でも人や社会が起こしていると思っていました。」

 

 

長年、人の心と向き合ってこられた小松さんに、これまでのことを振り返って感じる最高の1日と、今後の夢を伺ってみた。

 

「最高の1日ですか…。それは難しいですね。
私がこの仕事をしていて良かったぁと感じる瞬間は、とても辛い状況にいらっしゃった方が元気になられて、人生を望む方向へ向かっていかれているのを見るときです。
ですので、何度も最高の瞬間を感じさせてもらいました。

また今後の夢ということですが、正直、私自身が何かをつくり上げたいという思いはあまりないんです。
私の想いとしては、『多くの方が健康で幸せに生きて欲しい』と願っています。
そのためには、私の仲間のカウンセラーがもっともっと活躍することが必須だと思っており、そのお手伝いがしたいです。
メンタルサポート研究所のカウンセラーに世の中で大活躍してもらって、多くの方が幸せに生きることに貢献してほしいです。」

 

 

≪ メンタルサポート研究所について ≫

株式会社メンタルサポート研究所 公式HP
http://www.ms-ken.com/

 

メンタルサポート研究所の強み

*独自のカウンセリングメソッドを開発
インナーチェンジングセラピー(交流分析、感情処理法、人格適応論、愛着のカウンセリング)
海外の研究や長年の臨床データをもとに、愛着問題を根本から改善するためのカウンセリング技法を構築し、問題解決が難しいと言われているパーソナリティ障害の問題にも対応可能。
感情の処理を丁寧に行うことで、性格改善、コミュニケーションの改善、家族、職場、恋愛など様々な対人関係の問題の改善に対応。

*安定した高水準のカウンセリング技術を提供
全てインナーチェンジングセラピーを使えるカウンセラーをグループ内で育成しているため、同じ心理療法でクライアントに対応可能。
また『よいカウンセラーはよいクライアントである』という考えのもと、カウンセラー自身のメンテナンスにも力を入れている。
それにより、カウンセラーのメンタル面を常に高い状態に保つことができ、自己一致したクライアント対応を目指している。

 

 

≪ 小松様の提供メニュー ≫

心理カウンセリング力養成基礎講座 (プロのカウンセラーの養成や支援者のための講座)

※オンライン講座
体験講座:9月27日(日)18時~20時、10月10日(土)18時~20時、
開講日:10月24(土)18時(90分×20回、土日祝日夜コース)受講料:283,800円

オンラインカウンセリング(1万円/60分)

 

 

≪ 小松様について詳細を知りたい方はこちら ≫

Facebook
https://www.facebook.com/chie.komatsu.503

 

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です