PROFILE

摂食障害克服サポーター
こあい様

 

摂食障害に悩む家庭のサポート活動を行っている。
長年、自身が摂食障害や生き辛さに苦しみ、克服した経験を持つ。
また現在、不登校・引きこもり解消支援NPO準認定アドバイザーとしてもご活躍している。

 

 

今回お話を伺ったのは、
摂食障害克服サポーターとしてご活躍されている、こあいさん。

 

もともと教員として働かれていたという、こあいさん。
今の仕事に就いたきかっけは何だったのだろうか?

 

「実は、教員時代に鬱病になってしまい、
しばらく休職していた期間があったんです。
最初は、休む自分なんて許せないと思っていたのですが
克服していく中で、自分と同じように苦しんでいる方がたくさんいると知り、
その方々のために自分の経験を活かしてみたいと思ったんです。」

 

一見、マイナスに見える出来事が、
こあいさんの人生を、より充実したものへと変えるきかっけになった。

 

 

こあいさんは、摂食障害の問題に向き合う際、
当事者だけでなく、親御さんのサポートにも力を入れているという。

 

一体、なぜなのだろうか?

 

「意外かもしれませんが、摂食障害でお子さんが苦しまれている場合、
親御さんも不安定で、ご自身が生き辛さに苦しまれていることが多いんです。」

 

摂食障害と聞くと、当事者だけの問題のように思えるが、
そこを紐解いていくと、実はある問題にいきつくことが多いという。

 

「親子間の “ 愛着 ” の問題にいきつくことがほとんどです。
実は日本人の3分の1以上が、愛着の問題で苦しんでいるとも言われています。
一方で、愛着障害は、摂食障害を含め、様々な問題に発展するにも関わらず、
そうした生き辛さの原因が愛着だと気付かれずに、解決されないケースが多いのが現状です。」

 

こあいさんが、家庭で育まれる “ 愛着 ” の大切さを強く意識するようになったのは、
NPO不登校解消支援に携わるようになってから、とのこと。

 

「愛着に向き合うことが、根本的な問題の解決にもつながっていくと知った時、
ここは切っても切り離すことができないと感じました。
また、よく親御さんから、お子さんを救いたいと思いながらも
一歩を踏みだせないという声をいただくのですが、
そういった方にも安心してご相談に来て頂けるように、取り組んでいきたいです。」

 

『いつか、生き辛さを抱え、
苦しんでいる人を出さないような家庭教育を浸透させたい』と
語ってくださったこあいさんからは、夢と、希望が溢れていた。

 

 

 

こあいさんから、皆さんへのメッセージ

私の願いはたった一つです。
一人でも多くの方が、摂食障害の苦しみから自由になり、自分の時間を大切な人と幸せに過ごせるようになる、ことです。

「摂食障害は必ず治すことができる」病気です。
私自身も摂食障害に悩まされてきたため、摂食障害の辛さや苦しみは とてもよく分かります。
だからこそ、経験者として、また支援者として、いま苦しさの中にいる方やご家族をサポートできたら、これほど嬉しいことはありません。

「摂食障害から解放されて自由になりたい」と、少しでもあなたが思えたなら、それを叶えるために、まずは「自分にとって安心して悩みを話し、克服を伴走してもらえる」治療者・支援者と出会い、一緒に進んでいくことをおすすめします。
その選択肢の1つとして、私とのセッションも検討して頂ければ幸いです^^

また今後、私の元で摂食障害を克服されたクライアントさんの中から、同じように悩みを抱える方や、生き辛さに悩む方のサポートを一緒にしていけたらと考えています。少しでもご興味がある方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

≪ こあい様の提供メニュー ≫

単発セッション

1回 50分間 ¥5,000~

継続コース(完治を目指す方向け)

詳しい内容や料金については、直接お問い合わせください

お問い合わせ先

LINE@ https://lin.ee/CoFhQWp

メール koai31220@gmail.com

 

≪ こあい様についてもっと詳しく知りたい方はこちら ≫

Blog(アメブロ)
https://ameblo.jp/koaioyasumichu/

Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007413125662

Instagram
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007413125662

Twitter
https://twitter.com/danchon0507

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です