PROFILE

HahaCoLabo 母娘関係研究所 代表
加藤 なほ様 

 

毒親やその他親子関係の悩み、アダルトチルドレン、生きづらさ、自分が嫌い・自信がないというお悩みを切り口に、自分の力で自分の人生を生きていく方法をご提案している。
自身が、毒親育ち・アダルトチルドレンという経験を持つ。
幼い頃から生きている意味がわからず、自信が持てないまま大人になる。
その原因が幼少期の母親との関係にあったと気づき、母親への殺意が生まれる。
そんな自分を変えたいと、心の傷に向き合い始めたことから、人生がみるみると変わり始め、今度はその経験を人に伝えたいとカウンセラーとしてはもちろん、養成講座の開催やメディアへの出演など、様々な分野でご活躍されている。

 

 

今回お話を伺ったのは、
母娘関係カウンセラーとしてご活躍されている、加藤なほさん。

 

現在、マンツーマンでのカウンセリングや、
『親子関係・生きづらさについて語るおはなし会』という、
批判や否定なく語らう安心安全な場を開催されている、加藤さん。

 

この会は、自らが切望していた場だったのだとか。

 

「中学生の頃、すでに生きづらさを抱えており、多くのことで悩んでいたんです。
未来に希望を持てませんでしたし、親も含めて、
『自分が深く悩んでいることを、信頼して話せる大人がいない』と当時は感じていました。」

 

そして20代の時、当時交際していた恋人からDVを受けたことをきっかけに、
『どうしてわたしはこんな目にあうのだろう…』と心理学の勉強をし始めたという。

 

そこで、ある衝撃の事実を知り、ここから加藤さんの人生が一気に動き始めた。

 

「心理学の勉強を通して、自分の親が毒親であること、
自分はアダルトチルドレンであること、共依存であることに気がつきました。
しかし当時は、今ほど毒親という言葉が認知されていなかったこともあってか、
周りの友人や恩師に相談しても、『心からわかってもらえた』と感じられませんでした。
それどころか、育ててもらったのにそんなことをいうの?、いつか子どもができたら里帰りはどうするの?、
なほの親がそんなこというわけないじゃん?というような言葉を言われて、正直とても辛くなってしまったんですね。」

 

そんなとき、ある掲示板サイトで、毒親に苦しんだ経験がある見ず知らずの方々が、
加藤さんの投稿した相談を真剣に読み、咤激励してくれたのだという。

 

「そのとき、わたしの心はとても救われて、
『これがリアルの場だったら、もっと救われていたかも…
いつかわたしの心が元気になったら、このような場をつくる!』と決めました。
あの場にいたみなさんのおかげで、人生を変える大きな一歩を、勇気を持って踏み出せたと感じています。
あのときわたしを支えてくれた人には会うことは難しいですが、いまでもお礼を伝えたい気持ちでいっぱいです。」

 

約7年前から続いているおはなし会は、加藤さんが事業を始めた原点だと教えてくれた。

 

加藤さんが一人で主催し、講師を務め、NHK クローズアップ現代+や、
あさイチでも紹介されたという会だが、その詳細を伺ってみた。

 

「自分の思いや、感情を口に出すことで、自身の本当の気持ちに気づける。
参加された他の方の気持ちを聞くことで、『悩んでいるのは、自分だけじゃないんだ…』と安心する。
そして、カウンセラーとやりとりすることで、『自分が悪いのではなかったんだ』と気づけ、
これから何に取り組んだらいいかがわかる。
悩んでいる女性が安心できたり、希望の光を見つけられる場所にできたら嬉しいです。」

 

 

30歳になるまで、いつも人に合わせて生きてきたという加藤さん。

 

ただ、今になってみると、合わせてきたのではなく、我慢してきた自分がいただけと振り返った。

 

「後でわかったことですが、それまで人に、特に母親に言われたことに対し、
なんの疑問も持たずに生きてきましたが、本当は自分の気持ちを押し殺してきただけだったんです。
毒親という言葉を知ったことで、それが限界に達し、母親への殺意にまで変わってしまったのでしょうね」

 

自らの経験を振り返り、自分の意志でする我慢はいいが、
無意識にする我慢はしないで欲しい、
まずは “ 自分の気持ちを大切にして欲しい ” と語気を強めた。

 

さらに、自分を大切にできた時、
初めて周りの大切な人を大切にできる、と最後に付け加えられた。

 

 

“よりよい世の中をつくっていくために、わたしが貢献できることは、
親子関係や生きづらさの悩みを切り口に、自分で自分を愛せる人を増やすこと”
とお話される加藤さん。

 

どんな質問に対しても真摯に答えてくださる姿から、
いま向き合っている問題に対して、
加藤さんの本気度がひしひしと伝わってくるのであった。

 

 

 

加藤なほさんから、皆さんへのメッセージ

~いま、生き辛さを抱えている方へ~

“ 希望の光を持つことを諦めないで ”とお伝えしたいです。
ただ辛いときに、”希望を持って”と言われても難しいかもしれませんが、諦めなければ必ず光は見つかります。
その光を探し続けてください。

~カウンセラーを目指している方へ~

カウンセラーという仕事は簡単にできるものではありませんが、“ ありがとう ”とたくさん言っていただける、やりがいある仕事です。
これからももっともっと、必要とされている職種だと個人的には思っています。
どの仕事もそうだと思いますが、自分自身のことが深く理解でき、成長させることができる、とても魅力的な仕事です。
少しでもカウンセラーという仕事に興味のある方は、世の中のために一緒にがんばっていきましょう。

 

 

≪ 加藤様の提供メニュー ≫

親子関係・生きづらさについて語るおはなし会
https://ameblo.jp/healingcafe77/entry-12299622251.html

本当の自分を取り戻す 6ヶ月マンツーマンコンサル
https://ameblo.jp/healingcafe77/entry-12370733839.html

 

 

≪ 加藤様についてもっと詳しく知りたい方はこちら ≫

Blog(アメブロ)
https://ameblo.jp/healingcafe77/entry-12370733839.html

Instagram
https://www.instagram.com/naho_kato0516

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です